高血圧とAGEの深い関係

日本人の3人に1人は高血圧と言われています。中高年になると、健康の話題から血圧の話しになることも・・・。日本人の主な死因の第2位が心疾患で第4位が脳血管疾患です。約4分の1の人がこの血管の病気が原因で亡くなっています。高血圧がリスク要因となっていることは言うまでもありません。あなたは自分の血圧がどれくらいか把握していますか?AGE(終末糖化産物)の蓄積と高血圧には深い関係があるのです。

(下記、AGE研究協会メルマガより)

高血圧の診断基準。

高血圧は、糖尿病と並んで最も頻繁に見られる生活習慣病です。病院や施設で測定された上の血圧が140mmHg以上か、下の血圧が90mmHg以上かのいずれかを満たす場合、高血圧が疑われます。とはいえ、医者に血圧を測定されると聞いただけで血圧が高くなる人もおりますので、患者さんには可能な限り家庭でも血圧を測定するようにお願いします。そして、家でも上の血圧が135mmHg以上か、下の血圧が85mmHg以上かのいずれかを満たし、どのような場でも常に血圧が高いことが確認されれば、高血圧と診断されます。

推定4,300万人。忍び寄るサイレントキラー。

現在、我が国には、4,300万人の高血圧患者さんがいると推定され、この病気が原因で年間10万人の方々が心臓病や脳卒中などで亡くなられています。血圧が高くとも最後まで症状は出てこないことが多いため、この病気は別名サイレントキラー、「沈黙の殺し屋」とも呼ばれているのです。塩分の摂りすぎやストレスフルな生活習慣が高血圧の蔓延に一役かっています。

高血圧と深く関わるAGE。

そして、実は、AGE(終末糖化産物)も高血圧の病態に深く関わっているのです。通常、血管にAGE(終末糖化産物)が溜まってくると、血管の伸展性が損なわれ、血管は硬くなっていきます。そのため、心臓から拍出される血液が勢い良く血管の壁に当たり、上の血圧が上昇していきます。一方、AGE(終末糖化産物)の溜まった血管はしなやかさがありませんから、心臓が収縮していない時(心臓から血液が拍出されていない時)の血圧、つまり下の血圧は下がりすぎてしまう傾向にあります。結果として、上の血圧だけが高く、下の血圧はむしろ低い、上と下の血圧の差が開いたタイプの高血圧となります。このタイプの高血圧を医学的には、孤立性(こりつせい)収縮期高血圧と呼びます。つまり、孤立性収縮期高血圧は、AGE(終末糖化産物)が血管に溜まってきている徴候でもあるのです。