イギリスのDaily Mail 紙は、「28日間の食事療法で、若い皮膚を取り戻す」という実験をしています。「カロリーを気にするよりよりもAGEの数値を気にしなければいけない」というものです。内容は、通常の人は、終末糖化産物AGEを1日に平均して15,000(kU)ほど食事から摂取しています。それを、1日に5,000~8,000(kU)を超えないようにして、2人の女性に28日間を過ごしてもらいました。そしてその効果を検討しました。※AGEの単位(kU)と(exAGE)の値はほぼ同じ数値です。

https://www.dailymail.co.uk/femail/food/article-2609089/Eat-way-younger-skin-28-days-Boost-skin-lose-12lb-reverse-wrinkles.html

顔の赤みが9%取れた画像


42歳の女性ケートさんは、見た目の年齢が39歳。この食事療法を28日間続けたところ、見た目の年齢が33歳になりました。マイナス6歳の若返りでした。

顔のほてりがなくなった画像


54歳の女性デボラさんは、見た目の年齢が49歳。この食事療法を28日間続けたところ、見た目の年齢が46歳になりました。マイナス3歳の若返りでした。

exAGEハンドブックとAGE攻略レシピを見ながら28日間、1日8,000 exAGE以下の食事を摂ると肌の調子が良くなるかもしれません。お肌をキレイにしたい人は是非チャレンジしてみませんか?!