2017年のキーワードは「カロリー以上にAGE値を気にしよう」を掲げ、AGEの普及に取り組んでいこうと考えています。イギリスのDaily Mail 紙は、「28日間の食事療法で、若い皮膚を取り戻す」という実験をしています。「カロリーを気にするよりよりもAGEの数値を気にしなければいけない」というもの。食事から摂取されるexAGE量を4週間にわたって抑えることで(1日あたりの摂取量をおよそ8,000exAGEくらいにする)、2名の中年女性の見た目年齢が若返ったり、顔のくすみがとれ、肌ツヤが改善することが紹介されました。詳しくはこちら

そこで、当協会では「1日8,000exAGEチャレンジ」を開催することにしました。まずは協会スタッフが「1日8,000exAGE」を続ける食生活にチャレンジします。このチャレンジに伴い公正な判断できるように協会で下記の機器を取り揃えました。


1)AGEスキャナーで、体内年齢を計測


2)マイクロスコープで肌の調子を測定


3)UVカメラ(紫外線カメラ)で隠れシミなどの目には見えない部分をチェック

UVカメラでのチェックは嫌がられます・・・
。
この他、体重、腹囲、血圧なども測っていきます。

AGE制限食の研究は、すでにいくつか論文に発表されています。血液検査の結果も非常に良くなります。しかし、これらは、すべて外国人のデータです。我々とは、日頃食べているものが大きく違うアメリカ人のデータが中心です。そこで、日本人の食生活に合った形で、1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・1年とデータを蓄積できればと思っています。もしいい結果がでたら、今までのカロリー計算は何だったの?とカロリー重視の現状がひっくり返るかもしれません。AGEがもっと知られるようになり、病院食も大きく変わっていくでしょう。結果、AGE攻略レシピは健康食の分野のバイブルになるかもしれません。1日8,000exAGEを目標に1ヶ月続けるとどのようになるか?

予想してみました・・・。


1、お肌の調子がよくなり、見た目が若返る?

2、体の調子・体調がよくなる?

3、オヤジ臭がなくなりなる!?


1週間で56,000exAGEで、平均したら、1日約8,000exAGEの生活。

通常のダイエットは、極端なため、栄養学的にあるものを削ると、あるものを多く摂るようになってしまうかもしれません。でも今回のダイエットのポイントは、1点、「exAGE制限」という分かりやすいものです。「AGE攻略レシピ」と「ハンドブック」があれば簡単にできます。
 
どんな結果が出るか・・・お楽しみに!