AGE研究協会メルマガNo.4(H28.1.6発行分より)

AGEは、お肌の老化や老け顔の原因になるだけではありません。心筋梗塞、がん、メタボ、アルツハイマー病などを引き起こす老化の原因物質です。そんな恐い話を聞いて、「もう、体にAGEが溜まってしまっている自分はどうしたらいいんだろう」と、不安な気持ちになった方もおいでのはずです。実は、最近、体に溜まってしまったAGEをはぎ取る薬を見つけました!かれこれ7年かかりました。←「夢の扉」

1000兆分の1

この薬、「AGEアプタマー」と呼ばれるもので、AGEをシャボン玉のように包み込みます。1,000兆個の候補物質の中から1つだけ、AGEを包み込むアプタマーを見つけました。アプタマーは、AGEを包み込み、まさに無毒化します。さらに、ばい菌や異物と闘って体を病気から守ってくれている白血球が、このシャボン玉化されたAGEを攻撃!AGEを壊して、どんどん体の外に排泄してくれることがわかりました。実際、このAGEアプタマーによって、大きくなった癌が小さくなること、動脈硬化やメタボが予防できることが、動物の研究で証明されたのです。

まだまだ先は長いのですが・・・。

今までの歪んだ生活習慣など何のその。あっという間に溜まったAGEを処理して、過去のツケをチャラにしてくれるアプタマー。白馬の王子様のような薬の誕生です。いよいよ、ヒトで効果があるか試す時が来ています。研究に拍車がかかっている所です。しかし、油断は禁物。患者さんに投与するためには、いくつもの安全性試験をクリアーしなければなりません。先は、まだまだ長いのです。

抗AGE作用があるスルフォラファン

何だまだまだ先の話だ・・・残念と思われた方、昨年の4月から協会で臨床実験をしたブロッコリースーパースプラウトに含まれる抗AGE作用があるスルフォラファン。この成分に別の抗AGE成分を配合したら更にパワーアップしました。これらの成分で第1弾のサプリメントが完成します。また最先端の美容液も開発中です。今年はAGE元年となるようAGEというキーワードが一気に広がるように一緒に頑張って行きましょう!

文 山岸昌一